KOREA

社会・文化に儒教の影響を色濃く受ける韓国は、国土は日本の約4分の1、人口約5,150万人(2015年12月)と大きな国ではありませんが、持ち前のマーケティング力と意思決定の速さを生かし、新興国市場に合ったモノづくりでシェアを広げてきました。主要産業は電機・電子機器、自動車、鉄鋼、石油化学、造船です。とくに電気・電子、自動車の分野では、サムスンなどに代表される大手財閥がグローバル市場で急速に躍進しています。
韓国と日本の産業構造は比較的類似し、産業レベルも似通っていることから、FTA(自由貿易協定)などを通じた市場の一体化などにより、両国の経済構造改革を進展させ、競争力を向上させることが期待されています。
また隣国だからこそ「短時間で行ける」「時差がない」というメリットも見逃せません。仁川空港をハブとしたアクセスは良好で、ソウル市内であれば日帰り出張も十分可能です。

政治 ~Politics~

韓国は、建国以来一貫して共和・憲政体制を採用している民主共和国です。大統領は直接選挙で選ばれ、国会の同意を得て国務総理(首相)を任命し、自らが議長となる国務会議(内閣)の助力を得ながら行政を執行します。
国内では、日本と同じような非正規雇用者の増加などの労働問題が多様化しています。厳しい学歴社会である韓国では大卒の比率も高く、多くの学生が大企業を志望しますが、それを吸収するだけの雇用がないのが現状です。また労働者として勤めたとしても中流生活を維持しにくいため、希望先に就職できるまで留年するなど中小企業勤務者が慢性的に不足しています。根底にある所得格差の問題解決が求められています。
日本とは領土問題など様々な政治課題があるものの、日本にとって戦略的利益を共有するもっとも重要な隣国であり、近年両国の関係は一層の深みと広がりを見せています。

経済 ~Economy~

韓国経済は、2015年の民間消費や建設投資は前年と比べ増加しましたが、輸出は減少し、経済成長率は2.6%に留まりました。輸出に大きく依存する経済構造となっているため、輸出の好不調の影響を受けやすい点は韓国の強みであり弱みともいえます。
国際競争力や貿易収支改善のため、外資導入に力を入れています。大手財閥はグローバル化していますが、中小企業による生産供給の仕組みはまだ出来ていません。企業の技術力向上のため外資導入が必要とされており、外国人投資促進法が適用される企業には、法人税等の優遇装置があります。
政府が特に注力しているのは「行動技術随伴事業」つまり韓国国内で開発水準が低いもしくは開発されていない技術を持ち込む事業、および付加価値の高い「産業支援サービス業」で手厚い優遇措置が与えられています。

ワンポイント情報 ~Information~

イスラム世界で爆発的な人気を博した商品に、LG電子の「メッカフォン」があります。イスラム教の信者は聖地メッカに向かい1日5回のお祈りをする点に着目し、お祈りの時間になると「コーラン」を流しその時刻を知らせ、さらに画面に方位磁石を表示してメッカの方向を示すという機能を搭載しました。またアラブ首長国連邦での原子力発電所などの大型プロジェクト受注も注目されています。新興国市場に切り込んでいる韓国企業のマーケティング力を示す一例です。日本の最先端技術を活用し、韓国大手企業と手を組むことはグローバル展開のチャンスとなります。

統計データ

人口 約5,150万人(2015年12月)
面積 約10万㎢(朝鮮半島全体の45%、日本の約4分の1)
首都 ソウル
民族 韓民族
言語 韓国語
宗教 宗教人口比率53.1%(うち仏教42.9%、プロテスタント34.5%、カトリック20.6%、その他2.0%)
政体 民主共和国
元首 朴槿恵大統領(2016年11月辞任)
名目GDP 1兆4,170億ドル(2014年)
1人当たりGDP 1兆4,170億ドル(2014年)
主要産業 電気・電子機器、自動車、鉄鋼、石油化学、造船
経済成長率 2.6%(2015年)
消費者物価指数 102.77(2017年2月)
失業率 3.6%(2015年)

人口ピラミッド(2017年)

koreapyramid
出展:Population Pyramids of the World from 1950 to 2100