TAIWAN

台湾は南北に細長い島で、アジア大陸の南東、太平洋西側の東アジア諸島の間に位置し、北は沖縄諸島、南はフィリピン諸島に隣接しています。アクセスが大変便利で、アジア各地の航空交通の要所となっています。
一般的には、台湾と呼称されることが多いですが、国家としての正式名称は「中華民国」です。そのため、硬貨や紙幣などには、中華民国と印刷されています。
台湾は、国土面積が小さいながらも、豊かな自然と文化に恵まれています。その自然は変化に富んだ複雑な地形からもたらされたもので、高山、丘陵、平原、盆地、離島、峡谷、海岸などさまざまな景色が楽しめます。また様々な民族が生活しているので、それぞれの宗教、建築、言語、風俗習慣、食生活などが融合し、文化が醸成されています。

政治 ~Politics~

1928年より党国体制が敷かれ、蒋介石とその息子の蒋経国による世襲の独裁の下、共産主義政党や本省人による台湾独立や完全選挙を求める政党は存在を許されませんでした。この戒厳が解かれたのは、1987年になってからでした。
当初は中国大陸を治めていた中華民国政府でしたが、第二次世界大戦終了後に内戦が起き、対立していた中国共産党に敗れた中華民国政府は台湾島に逃れました。中華民国、中華人民共和国ともに、現在も自らを「中国の正統政府」と主張しています。
台湾の中央政府は、国家元首である総統を長とし、総統は国民の直接選挙によって選出されます。2016年1月の総統選挙で民主進歩党の蔡英文主席が当選し、台湾初の女性総統が誕生しました。同時に行われた立法委員選挙でも、民主進歩党が初めて単独過半数を獲得し、蔡主席率いる民進党の「完全執政」体制となりました。

経済 ~Economy~

リーマンショック後、台湾は世界の中でも迅速かつ劇的に景気回復を遂げました。2009年、馬英九政権は相続税を50%から一気に10%まで下げました。これには、海外に分散投資している資金、台湾人や華僑の資金を戻す意図があったとされています。これにより、富裕層が高い相続税から逃れるために海外へ資金分散していたり、海外に移住するといったケースを防止することに成功、リーマンショック後の大きな経済成長を遂げました。
台湾は中国との間で、自由貿易協定(FTA)に相当する「両岸経済協力枠組協定」を結んでおり、台湾経済は中国の内需に密接に関係し、成長が左右される状態になっています。
台湾はIT産業が盛んであり、精密部品の製造技術は著しく進歩しています。韓国や中国同様、かつて日本が大きなシェアを持っていた分野で台頭しつつあり、日本や欧米に精密部品を輸出しています。今後もこの傾向は続くと見込まれています。

ワンポイント情報 ~Information~

ポルトガル語で「麗しの島」を意味するフェロモサと呼ばれた台湾の各地には、様々な魅力があふれています。美しい自然と生態を守るため、9つの国家指定公園と13の国家指定風景地域が設置されています。世界三大といわれる登山鉄道に乗って山間を抜け阿里山の日出や雲海を見たり、東北アジアの最高峰玉山を登山し雄大な山並みや四季の変化を眺望したり、「アジアのハワイ」と呼ばれる南台湾、墾丁の海辺でバカンスを過ごしたりと楽しみ方は様々です。純粋な自然や地方色豊かな文化的史跡が残されており、独特の風情が感じられます。

統計データ

人口 約2,350万人(2016年4月)
面積 3万6千㎢(九州よりやや小さい)
首都 台北
民族 漢民族、河洛(ホーロー)、客家(ハッカ)、台湾原住民
言語 中国語、台湾語、客家(ハッカ)語等
宗教 仏教、道教、キリスト教
政体 三民主義(民族独立、民権伸長、民生安定)に基づく民主共和制
元首 蔡英文総統
名目GDP 5,289億ドル(2016年)
1人当たりGDP 22,495ドル(2016年)
主要産業 情報・電子、化学品、鉄鋼金属、機械
経済成長率 1.4%(2016年)
消費者物価指数 105.08(2017年2月)
失業率 3.92(2016年)

人口ピラミッド(2016年)

taiwanpyramid
出展:indexmundi