タイはどんな国か

タイは日本の国土のおおよそ1.4倍の広さで、人口は約6,800万人(2016年9月現在)です。首都はバンコクですがこれは英語名(Bangkok)で、多くのタイ国民は「クルンテープ」と呼んでいます。タイにおける民族のほとんどは、タイ族ですが、華人系、マレー系もいます。

タイでの信仰宗教は、戒律の厳しい仏教で信仰が厚い特徴がありますが、立憲君主制の国でも有り、1946年即位の国家元首であるラーマ9世国王へを尊敬する心を持ち続けています。国王を侮辱する態度や発言をすると不敬罪に科せられるほど。

地理的特性面では、インドシナ半島の中心に位置している立地し、ミャンマー・ラオス・カンボジアの3国に囲まれたタイは幹線道路で結ばれており、大メコン圏の発展を牽引する中心国としても魅力的な国です。

タイ政治の動向(Political)

タイ国王は国会の召集、内閣の任命、国軍の統率、戒厳令の施行、官公庁の局長以上の任命権など、国内政治の多くの権限を保有しています。たびたび起こるクーデターについても、国王の承認のもと軍の政治介入がしばし起こる。軍が暫定政権による統治が行われても、政治の安定や平和の維持がなされる情勢になると、政治は総選挙を開き民生復帰する。

タイを2分する政治的対立は、都市部の実業家、官僚、中間層が支持する民主党(反タクシン派)、農村部や低所得層が支持する政党タイ貢献党(タクシン派)がそれぞれの利害関係による争いが生じます。格差是正が進めば政治が安定化していくものと思われます。

このような政治情勢の不安定さに関係することなく、タイ政府は経済情勢の変化に対応し、持続的な経済成長と経済構造改革を推進しています。投資委員会(BOI)も積極的に外資による投資を受け入れるための制度がしかれており、法人税の免除などの制度はおおいに活用されたい。
(参考)外資に関する奨励(JETRO)

タイ経済の動向(Economy)

外資主導の工業化で発展してきました。自動車メーカー、電機メーカー、石油化学メーカーなどの製造業を営む多くの日系企業は、1990年前後で安価な労働力を求め進出しています。首都バンコクから1〜2時間程度の範囲に多くの工業団地が集まっており、産業集積はAESEAN随一です。この集積した産業は労働集約型産業で産業の構造改革としてさらに高度化するために、新たな製品開発分野などのイノベーションが期待される分野で投資優遇する政策が打ち出されており、さらなる成長をタイ政府が後押ししています。

消費市場としての魅力も期待できます。

2020年には中間層(世帯収入35,000ドル〜50,000ドル)の割合が全体の7割を占めるようになると予想されています。タイでのクレジットカード発行基準の年収基準が年間約18,000バーツですので、今後クレジットカード所有の中間層がいっそう増えることで消費市場の活性化がかなり期待できます。

家計の生活支出以外の基礎的消費支出を除く部分では、外食、ヘルスケア、サービス業、教育分野、旅行やエンターテイメントなどのレジャー分野、家電や自動車などの耐久消費財の消費は拡大する傾向になります。

統計データ

人口 6,510万人(2016年9月現在)
 面積 51万4,000km²(日本の約1.4倍)
 首都 バンコク
民族  大多数がタイ族。その他 華人,マレー族等
 言語  タイ語
 宗教  仏教 94%,イスラム教 5%
 政体  立憲君主制
 元首  プミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世王)
 名目GDP 3,952億ドル( 2015年 )
1人当たりGDP 5,878ドル(2015年)
 主要産業  第一次産業35.07%
第二次産業37.0%
第三次産業27.94%
(タイ統計局 調査年2015年12月)
 経済成長率  3.5%(2016年)
 消費者物価指数  0.23 (2016年4月IMF)
 失業率  0.7% (2015年12月)

人口ピラミッド(2016年)

thailandpyramid